2014年01月25日

全日空のキャビンアテンダント

キャビンアテンダントの笑顔は本当にいいものですよね。

キャビンアテンダントと一口に言っても、航空会社によって雰囲気はかなり異なります。
こういう話をすると、スケベなおやじのように思われますが、今やキャビンアテンダントは女性ばかりとはかぎっていません。
外資系の航空会社では、若くて爽やかな男性が機敏に機内を動き回る姿も目にする事が出来ます。
私は、そうしたキャビンアテンダントたちと出会い、接する機内の短い時間に魅力を感じるのです。
勿論、どこの航空会社でもそれなりにキャビンアテンダントはよく教育されていて、素晴らしい人たちばかりです。
私もあの素晴らしい教育方法を是非学びたいと思い、近頃は、暇を見付けて、全日空の関係のブログやサイトを読むようにしています。
謂わばキャビンアテンダントはその航空会社の顔、企業の考え方を実に見事に映し出しています。
これをきっかけに、益々全日空のキャビンアテンダントたちにはまってしまいそうな私です。
ANAでは20代後半でチーフパーサーとして活躍している人も多く、立ち振る舞いが非常に機敏で、笑顔も他社よりもはるかに多く、気持ちがいい。
気分を落ち着かせたい時には、比較的落ち着いた上品な雰囲気のキャビンアテンダントが目立つJALを好む時もありますが、最近は全日空が多いですね。
乗客一人一人のその日の顔色によって、見せる笑顔を変えてくれるのもANAのキャビンアテンダントの裏技の一つですね。

キャビンアテンダントが提供するのは、飲み物や食べ物だけでなく、旅の安心感や期待など沢山あります。
しかし、一人一人の乗客がキャビンアテンダントに求めるものも又、実に数多い事でしょう。
その全てを満たす事は出来なくても、精一杯努力してくれるところに、いつも感謝と感動を持たずにはいられません。
恐らく私にとって、キャビンアテンダントたちは、まさにフライトの一部分なのでしょう。
少しずつながらも、ANAのキャビンアテンダントたちの魅力の秘密が分かって来たような気がして、とても楽しくなります。
だから、作られたキャビンアテンダントではないし、作られた笑顔や言葉ではないので、非常に親しみが持てるのではないでしょうか。
ただ、自分が時より感じる事、それは全日空の場合、会社がスタッフを育てているのではなく、会社の中でスタッフが自らの力で育っているのではないだろうかという事。
例えば、パワフルに頑張りたい時は、全日空がお勧め、とにかくキャビンアテンダントたちがみんな元気です
posted by ももたろ at 16:46| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

JALのキャビンアテンダント

キャビンアテンダント、昔でいうスチュワーデスというお仕事ですが、今も憧れる人は少なくないでしょう。
そして、その多くが、どうせなら国内最高級の高級外車であるJALのトップキャビンアテンダントを目指したいと言います。
確かに、募集要項そのものを見ていると、比較的自分の努力次第でチャンスは手に入るという感じはしますね。
例えば、今からいくら頑張ってもどうしようもない身長、当然JALのキャビンアテンダントの募集には身長制限があるものとばかり思っていませんか。
ところが、実際はないんですよね、正直私もちょっと意外だったのですが、身長も体重も応募時の制限というのはありません。
もう一つ、私が意外に思ったのは、JALのキャビンアテンダントには寮が完備されていないという事。
30歳位までの男女であれば受験資格を得られるので、一度社会人経験をした後での転職も全然OKなのです。
とにかく、心身ともに健康で、しっかりと勉強してきた人であれば、あの制服を着るチャンスは十分にあるのです。

キャビンアテンダントになりたい、それもJALで活躍したい。
ただし、JALのキャビンアテンダントの応募には、短大卒以上の学歴が必須です。
もし、まだそれに見合うだけの学歴を所有していない人は、まずその条件をクリアする事が先ですけどね。
あれを子供の頃に見ていた人は要注意、当時とは随分社内の条件も変わっています。
何しろ、今やスッチー、スチュワーデスではなく、キャビンアテンダントの時代ですからね。

キャビンアテンダントのトップとも言えるJALのキャビンアテンダント。
なるべくギャップを減らすためにも、事前にブログやサイトで、しっかりとJALのキャビンアテンダントとしての双方の条件を確認しておいた方がいいでしょうね。
うまく潜り込んだとしても、最初の3年間は1年ごとの契約社員で、お給料は時給で換算されます。
まずは正社員待遇でのキャビンアテンダントを目標とし、その後、チーフ乗務員や指導者としてのキャリアを広げて行く人も多いそうです。
そう思った瞬間がJALのキャビンアテンダントへのスタートラインかも知れません。
新米キャビンアテンダントはみんな正社員で、寮生活をしていると思っていた私は、どうやら古いテレビドラマのイメージをそのまま引き摺ってしまっているようです。
でも、新米のキャビンアテンダントはみんなJALの正社員ではないんですね
posted by ももたろ at 17:33| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

キャビンアテンダントの本

キャビンアテンダントに興味がある私、今は名もない中小企業の事務員ですが、出来れば転職したいと思っています。
取り敢えず、本でも読んで、勉強してみようかと思って、ネットで調べたところ、航空関係の書籍って、ホント、沢山あるんですよね。
しかも、その多くの本にキャビンアテンダントという仕事が登場します。
実は私、この著者の小林正彦さんという人を全然知らなくて、お母さんに聞いたところ、ああ知ってるわよっという答えがあっさり返って来ました。
キャビンアテンダントについて、いい事も悪い事も、知る事の出来る、お勧めの書籍があれば、是非教えて下さい。
先日、ネットのある掲示板にこんな投稿をしたところ、10人以上の方から回答をいただきました。
でももっと驚いたのは、母が全く違うある芸能プロダクションの専務さんと思い切り勘違いしていたという事です。

キャビンアテンダントになろうという位で、その題名の通り、いろいろな情報が掲載されている本のようです。
中でも一番多かったのは小林正彦さんが書いているキャビンアテンダントになろうというタイトルの本でした。
正直、見るからにカントリーな母が、キャビンアテンダントに関する本を執筆している人の事を知っているなんてびっくり。
もし本気でキャビンアテンダントを目指すのであれば、一度は読んでおいた方がいいような一冊ですね。
ずっと裏方をしているのにも関わらず、何かあると会社の代表としてテレビなどにも出ていて、中高年の間では、コマサの相性で親しまれ、結構有名人なのだと母は言います。
取り敢えずまずキャビンアテンダントになろうを読んで、夢の実現を目指そうかと思っています。

キャビンアテンダントになろうの著者である小林正彦さんは、INPエアライン学院の学院長、まさにキャビンアテンダントを知り尽くした人です。
INPエアライン学院は大阪にある専門学校で、キャビンアテンダント学課科の他に、ホステス課もあるんですよね。
例えば、ハワイに住む現役客室乗務員が書かれた踊るキャビンアテンダントという本なんかもすごく面白そうですね。
今回掲示板で質問した事もよかったし、皆さんからもらった回答を参考に、書籍関連のブログやサイトを読んで、いい本がもっともっと見つかりそうな気がしました。
ルックスは悪くないらしいけど、でも、そんな人がキャビンアテンダントの本なんか、書く訳がないですよねぇ
posted by ももたろ at 16:46| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。