2014年02月01日

在宅型ビジネスとは


そういう意味では、自営業の方で、店舗やオフィスを別の場所に持たない場合は、全て在宅型ビジネスと言えるかも知れませんね。
在宅型ビジネスというのは、早い話、まあ昔で言う内職ですよね。
ようするに自宅にいながらにして、仕事をし、収入を得る事であります。在宅型ビジネスというのが最近ブームになっていますが、本当に誰でも簡単に始められるものなのでしょうか。
でも、それで取り敢えず誰でも始められる訳ですから、思い立ったら吉日。
所謂、オンラインを活かしたSOHOで展開する在宅型ビジネスですね。
男女や年齢を問わず、今や在宅型ビジネスを本職にしている人も少なくありません。
仕事の合間にこっそり在宅型ビジネスでお小遣いを稼いでいる人、あなたの周りにも、多分一人位はいるのではないでしょうか。
まず、自宅でインターネットが使える環境にあって、PCでのメールのやり取りが出来る事。
現代の在宅型ビジネス状況を考えると、この2つは最低条件でしょうね。
最近はパソコンの普及により、自宅で仕事をする人が増えていると言われています。
それこそ、今すぐにでもネットを開いて、在宅型ビジネスを探す事は可能でしょう。
自分の家の一室を事務所にして営業している税理士さんなんかも、在宅型ビジネスマンと呼んでもいいかも知れませんよ。
勿論、全ての在宅型ビジネスが高収入という訳ではありませんし、危ないものも沢山ありますけどね。
私の場合は、十分気を付けているから、まだそういう悪い在宅型ビジネスに引っかかった事はありませんが、現実に被害に遭っている人はいるようです。
誰でもOK、自宅にいながらにしてすぐに高収入が得られますと謳っている在宅型ビジネスは要注意かなぁっとは思います。
今の在宅型ビジネスがどんなものなのかを知るには、ブログやサイトを読むのが一番いいでしょう。
安易に始められるというチャンスを逃さない事は大事ですが、安易に始められるという危険性も十分認識する必要がありますからね。
まずはしっかりと在宅型ビジネスの世界を理解してから、進入するようにして下さいね
posted by ももたろ at 16:46| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

キャビンアテンダントへの転職


これまで地上で学んだ事を今度は大空の上で、キャビンアテンダントとして活かす。
それも、JALやANAといったトップクラスの航空会社のキャビンアテンダントにですよ。
昔合ったテレビドラマ、ほら、松嶋菜々子さんがスッチーを演じていた大和撫子だったけかなぁ。
キャビンアテンダントというのは昔でいうスチュワーデス、キャリアウーマンという表現が的確かどうかは分かりませんけどね。
でも、女の子ならきっとみんな一度は憧れた事があるであろう職業、本当に素敵なお仕事ですよね。
最近は特に、キャビンアテンダントとかキャビンアテンダントとかって呼ばれるようになり、より一層出来る大人の女性の雰囲気が漂います。
スッチーなんて呼ぶおじ様も多いけど、今は短縮するなら短縮するで、CAとかFAって呼ばなきゃ行けないんですよ。
因みに、キャビンアテンダントというのは日本で生まれた呼称で、世界的にはキャビンアテンダントというのが正しいようですね。

キャビンアテンダントの採用基準が新卒者でなくてもOKという事は、それほど若くなくてもなれるという事。
そう言えば、これまた松嶋菜々子さんのドラマなんだけど、高校教師から最後にキャビンアテンダントに転職するっていうのがありましたよね。
つまり、地味なOLから世界中の大空を飛び回る華麗なキャリアウーマンに変身する事も十分可能なんです。
あのドラマの中で、キャビンアテンダントのピークは27歳だなんて言われていたけど、今は全然そんな事ないんですよね。
事実、女性の晩婚化が進んだ昨今、20代後半の女性は、我々アラフォー世代から見ると、まだまだ当時でいう20代前半と同じですよ。
だから、27歳からでも十分航空業界への転職を考えられるんです、それもキャビンアテンダントとしてね。

キャビンアテンダント、なんて素敵な響きなんでしょう。
キャビンアテンダントというのは、毎日世界中の不特定多数のお客様と接する訳じゃないですか。キャビンアテンダントの募集記事というのをたまたま見たのですが、最近は、別に新卒でなくても応募出来るんですね。
この転職には、そんな素晴らしい光景が待ち構えているかも知れないんです。
多くの航空会社のキャビンアテンダント募集の年齢制限は30歳位です。
私は流石にもう無理だけど、20代後半の女性で、もし、チャンスがあって、少しでも興味を持たれたら、是非一度チャレンジしてみて欲しいですね。
キャビンアテンダントの採用情報や転職情報は、ブログやサイトの中でもいくらでも探せるようですよ。
posted by ももたろ at 16:33| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

キャビンアテンダントの採用情報


ありそうでないキャビンアテンダントの採用情報、いいサイトやブログに出会えたら、きっと夢が叶うような気がしています。
出来れば、キャビンアテンダントの採用試験に関するなるべく詳しい情報が一緒にゲット出来るサイトとか、求人しとかがあったら有り難いなぁっと思いますね。
現役のCAや元FAの人たちのブログやサイトもいい参考にはなると思いますが、とにかくなるべく新しい情報を沢山手に入れて、受験対象となる航空会社を決めたいんです。
だからきっと、採用情報は似たようなものでも、実際の採用条件はかなり違うんじゃないかと思うんですよね。
今は女子大の3回生なので、一応来年の春の大手航空会社のキャビンアテンダント募集に応募しようと考えています。
出来ればやっぱJALとかANAのような国内大手のジャンボにのれたら嬉しいですね。
でも、採用条件によっては、外資系航空会社のキャビンアテンダントでもいいとは思っています。

キャビンアテンダントの採用情報は、やはり航空会社のHPに掲載されている採用情報を参考にするのがベストなのでしょうか。
それとも、求人サイトとかのキャビンアテンダント募集の広告を参考にするほうがいいのでしょうか。
私が一番私らしく仕事の出来る会社を選びたい、そのために、もっと詳しい採用情報が欲しいと思うのは、悪い事じゃないでしょう。
ただ、どこの採用情報を見ても、合格するためのアドバイスというのは殆ど載っていないですよね。
その会社のキャビンアテンダントになるためのポイントみたいなものが解れば、自分に合った採用情報を探せるし、合格出来る確立も高まると思うんだけど・・・。

キャビンアテンダントの採用情報を読んでいる限り、ある程度大手であれば、どこの用条件もそれほど大きな差が無いように見えます。
でも、キャビンアテンダントと言えば、その航空会社の顔、結構会社によって雰囲気が違うじゃないですか。
ただ、そうした記事は、殆どが募集要項と応募の条件、そして応募方法だけで、コツとかアドバイスって言うのは載っていないじゃないですか。
私のように、特定の会社のキャビンアテンダントに拘っていない場合は、その方がグッドなのかも知れません。
今年のキャビンアテンダントの募集はもうすでにみんな締め切られ、選考が順調に進んでいる頃だろうと思います。
一般の求人誌や求人サイトにもキャビンアテンダント募集の広告は結構載っていますよね。キャビンアテンダントになりたいと思っているのですが、採用情報というのはどこで入手すればいいのでしょうか
posted by ももたろ at 16:46| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。