2014年01月26日

キャビンアテンダントの専門学校


でも、キャビンアテンダントの専門学校って、すごくお金がかかるんですね。
それに、実際に体験実収の出来るキャビンアテンダント養成学校もありますが、当然その費用は実費です。
勿論学校によっても違いますが、入学金と授業料だけで、大体50万円位。
中には、1年で100万円位かかるところも少なくないみたいなんですよね。
ただ、流石に一流の航空会社のキャビンアテンダント体験が出来る訳ではなさそうなので、その辺りも、正直、逆にちょっと怖いかも知れませんね。キャビンアテンダントになるために専門学校に行こうかと思っています。
因みに、今、私は現役の大学生で、つい最近までイギリスに1年間留学していました。

キャビンアテンダントの専門学校は、大手の外国語学校などが養成課として設置しているケースが多いみたいですね。
後、当然の事ながら、航空関連の専門学校の中には、整備士やグランドホステスを養成する課とともに、キャビンアテンダント養成科も設けられています。
うちは実際に国際線に客室乗務員として乗り込み、実習する事が出来ます、なんて書いてある学校もあります。
語学にそこそこ自信のある私の場合だと、そうした航空専門学校の養成科に入る方がいいのかなぁっとも考えています。
でも、キャビンアテンダントの専門学校に通ったからと言って、必ずしもどこかの航空会社に就職出来るとは限っていないんでしょう。

キャビンアテンダントを育てるための専門学校は、勿論世界各国に多数存在します。
語学力や国際感覚を磨くという面では、そうした海外のキャビンアテンダントの専門学校に留学するのも一つの手かも知れません。
おのずと外国人とのコミュニケーションや海外での生活習慣も身に付きますし、ナチュラルな英語が話せるようにも鳴ります。
いずれもトップクラスのキャビンアテンダントとしては大切な事柄ばかりです。
そういう経歴を履歴書に記載する事によって、採用審査が有利になる事も考えられますよね。
まあとにかく、私の場合は、まだキャビンアテンダントの専門学校に行くべきかどうかで迷っている段階。
どこの学校がどうとかこうとか、あれこれ比較するのは、少し早いかも知れません。
ただ、いいキャビンアテンダントの専門学校が見つかれば、これは進学する方向で考えてみる価値十分だと思うんですよね。
そういう事で、最近はキャビンアテンダントに関する情報が載っているブログやサイトをこまめにチェックしています。
親に我がまま言うには、それなりの立派な理由を提示する必要もあるしね。
posted by ももたろ at 16:46| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。