2014年01月25日

全日空のキャビンアテンダント

キャビンアテンダントの笑顔は本当にいいものですよね。

キャビンアテンダントと一口に言っても、航空会社によって雰囲気はかなり異なります。
こういう話をすると、スケベなおやじのように思われますが、今やキャビンアテンダントは女性ばかりとはかぎっていません。
外資系の航空会社では、若くて爽やかな男性が機敏に機内を動き回る姿も目にする事が出来ます。
私は、そうしたキャビンアテンダントたちと出会い、接する機内の短い時間に魅力を感じるのです。
勿論、どこの航空会社でもそれなりにキャビンアテンダントはよく教育されていて、素晴らしい人たちばかりです。
私もあの素晴らしい教育方法を是非学びたいと思い、近頃は、暇を見付けて、全日空の関係のブログやサイトを読むようにしています。
謂わばキャビンアテンダントはその航空会社の顔、企業の考え方を実に見事に映し出しています。
これをきっかけに、益々全日空のキャビンアテンダントたちにはまってしまいそうな私です。
ANAでは20代後半でチーフパーサーとして活躍している人も多く、立ち振る舞いが非常に機敏で、笑顔も他社よりもはるかに多く、気持ちがいい。
気分を落ち着かせたい時には、比較的落ち着いた上品な雰囲気のキャビンアテンダントが目立つJALを好む時もありますが、最近は全日空が多いですね。
乗客一人一人のその日の顔色によって、見せる笑顔を変えてくれるのもANAのキャビンアテンダントの裏技の一つですね。

キャビンアテンダントが提供するのは、飲み物や食べ物だけでなく、旅の安心感や期待など沢山あります。
しかし、一人一人の乗客がキャビンアテンダントに求めるものも又、実に数多い事でしょう。
その全てを満たす事は出来なくても、精一杯努力してくれるところに、いつも感謝と感動を持たずにはいられません。
恐らく私にとって、キャビンアテンダントたちは、まさにフライトの一部分なのでしょう。
少しずつながらも、ANAのキャビンアテンダントたちの魅力の秘密が分かって来たような気がして、とても楽しくなります。
だから、作られたキャビンアテンダントではないし、作られた笑顔や言葉ではないので、非常に親しみが持てるのではないでしょうか。
ただ、自分が時より感じる事、それは全日空の場合、会社がスタッフを育てているのではなく、会社の中でスタッフが自らの力で育っているのではないだろうかという事。
例えば、パワフルに頑張りたい時は、全日空がお勧め、とにかくキャビンアテンダントたちがみんな元気です
posted by ももたろ at 16:46| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。