2014年01月20日

SOHOと営業

SOHOは取引先から、或いは所属する会社から常に仕事が回ってくるなんて思っていませんか。
正社員のケースはともかくとして、SOHOという立場になってなかなか仕事が回ってこない状況はそんなに珍しい話ではないでしょう。
問題は、実際にそうなった時にどうするかという話です。
仕事がなければ収入ゼロ、という事も最悪のケースでは考えられます。
そうならないためにも、SOHOだろうと何だろうと営業をかける事が大事になってきます。
売り込み対象はもちろん自分のスキルで、SOHOの範囲内から自分が出来る仕事を中心に見ていくと良いでしょう。
全ての責任は自分にかかっているという事は、決定権の全ても握っている事になります。
元々SOHOに対する求人や仕事依頼に関する情報はかなり多く、少し営業をかけてみればかなりの食付きが期待できるでしょう。
ただし、数が多いのはそれだけSOHOの扱う分野が広いからであり全て希望通りの案件とは限りません。
急いで手を伸ばして掴んだ募集案件が、全くの門外漢では話になりませんね。
現実問題としては難しいかもしれませんが、好きな仕事ばかりを選んでいく事だってSOHOなら可能です。
タブーというより、やる気があるのは前提の話です。

SOHOでの営業は、とにかく実績や実力の売り込みがポイントとなります。
掲示板での営業は対面でのものと勝手が異なるため、ついつい失敗をしがちです。
どれだけ高いスキルを持っていても、営業がヘタだとSOHOの業界では思うように仕事を得られません。
営業ツールとして、SOHOらしくインターネット環境を利用すると効率が良さそうです。
と言っても、SOHOの営業において気合を売り込むのはタブーとされています。
基本的にはSOHO用の仕事の掲示板で募集をかけていく事になるとは思いますが、コツを把握していないと能力に反して仕事が得られない状況に陥ってしまいます。
その上で、仕事を依頼するに値する能力があるかどうかを見られるのでSOHOにおける営業は自己アピール力が問われます。
実際にどんな風にSOHOでは営業をかけているのか、ブログやサイトからもチェックできるので参考にしてみると良いでしょう
posted by ももたろ at 16:46| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。